About Me

Tadashi Okoshi photo

Tadashi Okoshi – 大越匡

Web: http://okoshi.org
B
log: http://blog.okoshi.org
Page in Keio: http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/~slash

 

Tadashi Okoshi is a Project Assistant Professor of Graduate School of Media and Governance. He is a computer scientist especially focusing on distributed systems, mobile and ubiquitous computing, context-aware computing, and “attention-aware” computing. His current research topic is human-attention-awareness and its management in ubiquitous computing and cyber physical systems. He holds B.A. in Environmental Information (1998), Master of Media and Governance (2000) from Keio University, M.S. in Computer Science (2006) from Carnegie Mellon University, and Ph.D. in Media and Governance (2015) from Keio University, respectively. He also has over 7 year experiences of entrepreneurship, software architecting, product management, and project management in IT industries (Web2.0, blogging, social networking and social media).

1976年神奈川県生まれ。1998年慶應義塾大学環境情報学部卒業。2000年同大学大学院政策・メディア研究科修士。2006年米国カーネギーメロン大学計算機科学部計算機科学科修士 (M.S. in Computer Science)。ブログ、ソーシャルネットワーク、ソーシャルメディア分野における起業、米系企業での7年間の勤務経験 (ソフトウェアアーキテクト、プロダクトマネージメント、プロジェクトマネージメント) 。2012年シンガポール経営大学情報システム学部 LiveLabs Urban Lifestyle Innovation Platform研究所研究員。2014年カーネギーメロン大学計算機科学部ヒューマンコンピュータインタラクション研究所訪問研究員。2015年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士。現職に至る。現在の研究テーマは、ユビキタスコンピューティングで増え続けるデバイス、サービス、アプリケーション等からのさまざまな情報提供時における、「人間のアテンション(注意)」の管理 (センシング、推測、解析、共有、予測等)